ホーム › ピアノコース

ピアノコース

ブログ

QRコード

携帯のバーコードリーダーで
QRコードを読み取ることで、
携帯版ホームページへ
アクセスできます。

導入~初級コース(講師の思い)

指番号・音名・音列・鍵盤の全体像の理解・音符の理解・リズムの理解・拍子の理解・読譜・奏法・フレーズを歌うということ・ニュアンスを感じとる心

 

 (ピアノはただ押さえれば音が鳴りますが、音を出して何も感じることができない、というのでは悲しすぎます。よって、環境が許すならば、できるだけ楽器も表現の幅が限られる電子ピアノでなく、本物のアコースティックピアノをおすすめしています。)

 

ピアノを弾くためにはきりがないほど、ありとあらゆる要素が必要となります。

どの要素が欠けても難しいのです。

(行きついたところはダルクローズのリトミックでした)

音符の長さ、リズム等、ピアノコースから始めるお子様には時には体を動かすことで体得してもらうこともあります。

 

試行錯誤し、失敗も重ねていきついた、指導の3つの思いです

 ●「教え込むのではなく、自分で考えることのできる人に」

●「どんな環境の子も自分の奏でる音を心で感じ、音楽を一生の友にしていけるよう」

●「どの子も落ちこぼれなく」

 

 

こどもが「できない」、の原因の1割は家庭環境であったり、本人の能力であったりしますが、残り9割は指導者の責任だと思うようにしています。

 

そこで、ありとあらゆるグッズが登場します。

 

あれこれ出てくるグッズたちに こどもたちは目を輝かせています。

リトミックコースから進級の方を優先しております。

コンクールやグレード対策等、単発レッスンやアドバイスレッスンは随時お受けしております。

グッズたち 大譜表マットと鍵盤マット ミュージックデータにあわせて等速感を身に着けます

中級~上級コース

導入を終えた生徒さんたちは、みな積極的にグレードテストやコンクールにチャレンジしています。

 

●ピティナ・ピアノステップ

●ピティナ・ピアノコンペティション

●ヤマハピアノグレード

●カワイピアノグレード

●ヤマハヤングピアニスト

●グレンツェンコンクール

 

ヤマハヤングピアニスト金賞・ピティナコンペ優秀賞・本選通過・グレンツェン金賞など結果を出してくれていますが、結果が全てではありません。

 

一喜一憂しすぎずに、そういった機会をうまく利用してモチベーションをあげたり、実力をあげていくという気持ちでのぞめる方には全力で応援しています。

 

できるだけ、バロック・クラシック・ロマン・近現代と4期をまんべんなく弾いてもらえるようにテキストを渡していますが、今の子たちはみな塾にスポーツに、と忙しいので、その中で効率的に練習できる方法をお伝えします。

 

継続は力なり、発表会のステージ上で5年表彰10年表彰を行います。

お問い合わせ ページTOPへ戻る